ブログ&ニュース

  • 2021.02.25
  • コラム ゴッホカラー

頭皮が敏感な人必見!低刺激でカラーリングするにはゴッホカラー

頭皮が敏感肌であり、カラーリングによるオシャレを楽しめない人もいますよね。

カラーリングだけでなく、縮毛矯正やストレートパーマにより、頭皮や髪にダメージを受けている人はいると思います。

カラーリングによるオシャレを楽しむためにも、頭皮への刺激が弱いカラーリング剤って気になりますよね。

頭皮にやさしく、髪を健康にするゴッホカラーはご存知でしょうか?

ゴッホカラーは多くのお客様に支持されているカラーリング剤であり、売り上げアップにもつながりますよ。

今回は、頭皮が敏感で刺激に弱い人向けのゴッホカラーについて解説したいと思います。

 

 

 

1.カラーリング剤の頭皮への影響

カラーリング剤は酸化染料とアルカリ剤が主成分として含まれており、脱色と染色の為に薬剤効果が強めに設定されていることが多いです。

カラーリング剤において、酸化染料に含まれるジアミンによるジアミンアレルギー、中和成分として薬剤に入っているアルカリによるアルカリアレルギーにより頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。

カラーリング剤に含まれる薬剤が、頭皮に影響を与えることにより、頭皮が敏感になり刺激に弱くなってしまいます。

刺激に弱くなった頭皮は、乾燥や紫外線などによるトラブルを生じやすくなり、ダメージヘアへとつながります。

通常のカラーリング剤では、頭皮への影響がありますが、ゴッホカラーであれば問題ありませんよ。

頭皮への影響が少ないゴッホカラーについて説明しますね。

 

 

2.ゴッホカラーの頭皮への影響

ゴッホカラーは低刺激で地肌にやさしい薬剤を使用しているので、髪や頭皮への少ないカラーリング剤です。

またゴッホカラーには、髪の内部に栄養補給や水分保持をすることもできるので、トリートメントのような効果も期待できます。

カラーリングだけでなく、髪表面のキューティクル修復や髪内部への栄養と水分補給をするので、髪を傷めることなく綺麗にカラーリングすることができますよ。

ゴッホカラーによるカラーリングは、使用するほどに髪を健康的な状態にするので、頭皮が敏感で刺激に弱い人にはおすすめのカラーリング剤です。

頭皮の刺激で、カラーリングを迷っている人でも安心して使うことができますよ。

ゴッホカラーはカラーリングとトリートメント効果を併せ持った今までにないカラーリング剤なので、他の美容室のカラーリング剤との差別化を図ることが可能です。

ゴッホカラーは使用するほどに、頭皮への影響が少なく綺麗にカラーリングできるので、リピートするお客様が多いですよ。

リピートするお客様が増えることにより、売上アップにもつながるので、ゴッホカラーは導入すべきカラーリング剤だといえます。

ゴッホカラーは無料で資料請求が可能であり、ゴッホカラーの説明だけでなく、仕上がり具合を知ることもできますよ。

ゴッホカラーについて気になるのであれば、まずは無料で資料請求をしてみましょう。

 

 

 

3.まとめ

ゴッホカラーは低刺激で地肌にやさしい薬剤を使用しているので、髪や頭皮への少ないカラーリング剤です。

また髪の内部に十分な栄養と水分を浸透させるので、髪を健康的な状態にするだけでなく、髪表面のキューティクルを修復する効果もあります。

ゴッホカラーは使用するほどに、髪を健康的な状態に仕上げ、誰でも綺麗にカラーリングすることができます。

頭皮が敏感で刺激に弱い人は、ゴッホカラーによるカラーリングで、頭皮への影響を少なくして綺麗にカラーリングすることをおすすめしますよ。

会社概要

ビーアイ・コーポレーション本社

住所
〒654-0024 神戸市須磨区大田町8-1-1
TEL/FAX
078-739-3018/078-739-3012
営業時間
9:00~18:30
定休日
日・月曜日

東京IT事業部

住所
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15ウィン青山428
東京IT事業部