ブログ&ニュース

  • 2020.04.04
  • コラム ゴッホカラー

長年のヘアカラーで髪のごわごわを解消する唯一の方法は薬剤を変える事

美容師さんの多くは、髪がごわごわしているお客様に対して、頻繁に施術をしたくないと思っているはずです。

ところがお客様が髪をきれいにしてほしいと、強い要望があるなら、誰でも断れないでしょう。

この悩みを解決するためには、今使っている薬剤を変えると、お客様に髪が変化します。

特にゴッホカラーというヘアカラー剤に変えると、次のような事をしているお客様におすすめしてみてください。

ヘアケアはできているのに髪がごわごわしている

頻繁にヘアカラー剤で髪を染めている

特にヘアカラーのやりすぎで、髪がごわごわしているお客様は、ゴッホカラーとの相性が抜群です。

 

髪がごわごわになる原因の多くはヘアカラーのやりすぎ

髪がごわごわしていると、セットがしにくくて、面倒になるというお客様が意外多くいるでしょう。

とはいえ少しでも髪がきれいになるように、毎日ヘアケアをしていると言います。

この場合のほとんどは、ヘアカラーのやりすぎが考えられます。

トリートメントを毎日しているのなら、髪にバリア膜が作られ、ごわごわしている髪は整っているはずです。

ところがそれでも髪がごわごわするなら、次の流れで髪の状態を悪くしているでしょう。

1. ヘアカラーをしてボロボロの状態になる

2. ヘアケアをして少しずつ髪を保護

3. 髪がきれいになる前にヘアカラー

4. 再びボロボロの状態に戻る

つまりせっかく髪をヘアケアできていたとしても、髪が整えられる前に、元の状態に戻してしまっているわけです。

このサイクルを壊すために、ヘアカラー剤をゴッホカラーにしてしまえば、髪がごわごわするのが抑えられます。

 

髪がごわごわしても頻度を減らせないならゴッホカラー

髪がごわごわしているのは、キューティクルが剥がれているのが原因です。

これを保護できれば、ヘアカラーをしたとしても、髪にあまり影響が出ません。

そこでゴッホカラーを使って、髪の保護をしてもらいながら染めてしまいましょう。

ゴッホカラーはカラー剤でありながら、髪に必要な栄養が入っている上に、保湿成分も入っています。

特に髪がごわごわする原因でもある、キューティクルが保護できるように作られているのがポイントです。

これで上記でも紹介した、悪いサイクルが止められるでしょう。

1. ゴッホカラーで髪を保護しつつヘアカラー

2. ヘアケアでさらに髪の強固にする

3. 再びゴッホカラーをしてもボロボロに戻らずきれいになる

4. ドンドンきれいな髪になっていく

このように短い期間で頻繁にヘアカラーするお客様でも、悪いサイクルを止められるヘアカラー剤です。

 

髪を元気にしてごわごわを抑えたいお客様に提案

頻繁にヘアカラーをするお客様には、ゴッホカラーがピッタリなのがわかったでしょう。

ヘアケアをしても、ヘアカラーの薬剤の効果で、きれいに髪を整えても元に戻ってしまうからです。

ところがゴッホカラーだと、キューティクルがボロボロにならずに、きれいな状態のまま髪がきれいに染められます。

 

【引用】
CMC疑似成分やカチオン化18MEAが、髪1本1本の毛先までを包み込むようにしっかりと付着。

カラー後の髪が、安定した状態に保たれることで、毛先までツルツルでなめらかな指通りが実感できます。

※引用:ゴッホカラーとは?より
このように髪に必要な栄養がタップリで、ごわごわした髪の悩みが解消されるのが実感できるでしょう。

しかもホームケアまで用意されているのが、他のヘアカラー剤にはない魅力です。

ごわごわした髪のお客様だけでなく、くせ毛で髪が広がるお客様にもおすすめです。

新メニューを作りたいオーナー様や、美容師さんは試してみてください。

 

 

 

会社概要

ビーアイ・コーポレーション本社

住所
〒654-0024 神戸市須磨区大田町8-1-1
TEL/FAX
078-739-3018/078-739-3012
営業時間
9:00~18:30
定休日
日・月曜日

東京IT事業部

住所
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15ウィン青山428
東京IT事業部